マジックボール

2018年05月12日

インフルエンザ 精油

インフルエンザの予防に効果があるというティーツリー。精油の一種で強い殺菌作用が特徴です。

ところで精油といっても、どんな原材料からどうやって作ったのかわかりにくい表示になっていました。日本アロマ環境協会では、表示基準を設けてそれを満たした精油を認定しています

彩生舎のハイパープランツシリーズは、認定されている精油のブランドの一つ。有機栽培の原料を使っているのが特徴です。

この精油を使った鼻炎用のスプレーがあるのですが、ティーツリーも含まれています。季節の変わり目に鼻づまりや鼻水がひどくなるときに使ってみてはいかがでしょうか。




ティーツリーが入っているので残ってしまったら、冬にインフルエンザ予防に使えるかなと思います。
【関連する記事】
posted by ゆーこ at 23:59| Comment(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

子ども 解熱

自然療法の方のブログで見つけた子どもの解熱方法。りんごの半分を、半分はすりおろし、半分は絞って与えるというもの。
りんご.jpg

生の果物に含まれる酵素と栄養が体内の免疫力を助けてくれるそうです。解熱剤を飲むと酵素を使ってしまうので免疫力を助けることにはならず、かえって邪魔になるとも書いてありました。

そもそも熱がでるのは体の中の免疫力を高めるためのはず。それを無理に下げるのはよくないってたまにききますよね。

とはいえ、あまりに高熱で眠れないときは体が弱ってしまうので、このブログの方も使うと決めているそうです。ただ、いつもりんごで下がってしまうので解熱剤を入れる必要がないので使ってないそうです。

posted by ゆーこ at 16:15| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

インフルエンザB型

インフルエンザのB型の症状の特徴は、熱がそれほどでない場合があることだそうです。

38度ぎりぎりしかなくても、インフルエンザの検査をすると陽性になったなどの話をききます。
下痢や嘔吐があって、ノロウィルスかと思ったらインフルエンザだったということもあるようです。

それほど高熱じゃなくてもインフルエンザの可能性があるってことは覚えておかないと、
家族間で感染してしまうことも!

以前はGWあたりまででしたが、ごくまれに夏場でもかかることがあるそうです。
感染が疑われる人がでたら、お風呂の順番とか、タオルの共用、トイレのレバーなどの感染経路に気をつけた方がよさそうです。

こちらは医療機関でも使われる除菌剤。
 ↓ ↓ ↓
ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト
posted by ゆーこ at 00:45| Comment(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

インフルエンザ 4月

以外ですが、4月になってからインフルエンザにかかることはあるようです。
特に子供は学校が始まってから感染する。

親も4月だからインフルエンザではないだろうと思って、医者にいくのが遅くなったりして感染が広がってしまったりするみたいですよ。

聞いたことがあるなかで一番遅かったのは5月のインフルエンザ。

毎年もらっている地域の防災メールでも終息宣言がでるのは4月の後半のことが多いですから、GWあたりまでは疑ったほうがよさそうです。
posted by ゆーこ at 14:06| Comment(0) | 時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

インフルエンザ ハウス

ハウス食品の乳酸菌サプリメントに配合されているL-137乳酸菌は、免疫を活性化する力が強いのが特徴です。

そのため、インフルエンザ対策などに飲むのがよさそうです。
ただし、効き目がでるまで4週間くらいかかるので、流行に先行して飲み始め、続けることが重要です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ラクトプランL-137
posted by ゆーこ at 20:07| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする